東京・埼玉のエクステリア&お庭の工事は、埼玉県川口市のJ-GARDEN(ジェイガーデン)にお任せください!

ホーム会社情報サイトマップ
J-GARDEN(ジェイガーデン) お気軽にお問合せください。
このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ
≪前のページへ || 1 | 2 || 次のページへ≫
昇順表示 | 降順表示
南向きの直射日光が入る部屋だけが良いわけではありません。
リフォームする際は、メリットとデメリットを充分検討しましょう。


一般的に東南角部屋の日当りが良いマンションが喜ばれたり、日の光がサンサンと降り注ぐ南開放面の多い住宅に人気が集中する傾向にありますが、本当にこのような直射日光が必要なのか良く考えてみましょう。
室内には外部の建物や緑によって反射された光が窓を通って部屋に入ってきます。周辺環境にもよりますが、北側の部屋でも、昼間なら間接光で十分な明るさがありますし、インテリアや壁面、床なども白っぽいものにすれば反射量は増し、明るくなります。
反対に黒っぽいものが多ければ、部屋は暗くなります。

南向きの住宅は日差しが入りやすい反面、直射日光が当たってクロスや家具が焼けたり、反ったり、接着剤が剥がれやすくなるというデメリットもあります。また、壁材に使用されている木材表面や家具などの仕上げ材が10弌12个噺ければ問題も少ないのですが、3弌6个世犯燭辰燭螻笋譴燭蠅垢覺躙韻あります。さらに南開口部分が多く北開口部分が少なくなるため、北側はより暗い印象になりますし、構造材や筋交いの偏りが起こりやすいともいえます。
もし、南側に庭があればパーゴラの上に緑を、テラスがあれば窓際に緑を設けると、こうした強い直射日光を防げます。また夏の暑い時は葉が茂って光を遮り、冬は葉が落ちて光が入ってくる落葉樹を植えるのも一つの手です。
このように、自然を利用して直射日光を調節は、が建築計画の中では大小に関わらずセオリーとしてあるので、建築士に相談してみましょう。そしてリフォーム前には、本当に日差しが必要なのか、それとも明るさが欲しいのかを十分に検討して下さい。


NiwaNaviImage
投稿者:woodjoy
少し寒さも和らぎ、春の陽気が気持ちよく感じられると思いきや、花粉症の人にとっては憂鬱な季節の始まりです。春になると涙目になりがちな筆者ですが、非花粉症を自称しております。花粉症になるまでのキャパシティは個人差があるそうですが、いつかは認めざるを得なくなるのでしょうね。

花粉症対策としては、極力花粉に触れないことですが、窓を開けない、洗濯物は外に干さない、帰宅した際は衣服に付いた花粉を払うなど、せめて家の中に花粉が舞うことのないようにしたいものです。とはいえ、自信が花粉症でないと家族の花粉対策に非協力的なのが4割を占めるらしいので、明日は我が身と思って意識改革が必要です。

お値段以で知られる「ニトリ」の花粉対策カーテンがCMでよく流れていますが、窓からの花粉の侵入を防いだり、室内に舞った花粉を吸着するカーテンを検討してみるのも良いかもしれません。
また、花粉症対策に空気清浄機や加湿器を置いているご家庭も多いかと思います。機能に合った場所に置かれていますか?花粉は人の出入りが多いところで舞うので、空気清浄機は入口に置き、出入りの少ない寝室には加湿器を置くのがベストです。

マスクやメガネ、薬など花粉症対策グッズは一大産業となっています。国民の4人に1人が花粉症で悩んでいるといわれていますし、人間だけでなくペットも花粉症になっているくらい、国民病と化しています。
最新の研究では、花粉や食物アレルギーの原因となっている免疫の病気は、腸内の免疫細胞のバランスが崩れることによって引き起こされていることが判明してます。
花粉症対策にはある乳酸菌を摂るのが良いというのはそこからきているようですが、胃液や胆汁の消化酵素により生きたまま腸内まで届くかが問題で、サプリメントやヨーグルトでを食べるだけでは難しいようです。
花粉症を含め、免疫の暴走によるアレルギーのメカニズムが解明されれば、多くの人が救われますので科学・医療技術の進歩に期待です。


投稿者:woodjoy

01/01 : 謹賀新年

昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

新年は1月6日から営業とさせて頂きます。
NiwaNaviImage
投稿者:woodjoy
NiwaNaviImage

平素は格別のお引立てを賜り、
厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、弊社では下記日程を
年末年始休業とさせて頂きます。

2019年12月28日〜2019年1月5日

今後とも変わらぬご愛顧の程、
宜しくお願い申し上げます。
投稿者:woodjoy

12/11 : 植物と住まいの話

広葉樹や常緑樹を植えて四季を楽しみながら目隠し、風よけ、日よけなどのコントロールをしてみませんか?


庭に何を植えて楽しんでいますか?最近ではガーデニング人気も定着して、いろいろな植物を楽しむ人が増えてきましたが、日本在来の広葉樹(落葉樹)もぜひ見直してほしいものです。
例えば、一般的に家の周辺には、ヤマボウシ、シャラ、カエデ、コナラ、エゴノキなどの広葉樹が植えられていますが、これは目隠し、風よけ、日よけなどを目的に、実用性を重視してよく使われる建築的手法のひとつです。


NiwaNaviImage
広葉樹は冬の間葉を落とすので、部屋の奥まで暖かい日差しが届き、夏は葉を茂らせることで木陰をつくって強い日差しを遮り、春や秋には木漏れ日の柔らかい光が部屋の中にも入ってきます。秋から冬にかけての落ち葉掃除が大変と感じる方もいますが、広葉樹が植えてあるだけで初春の息吹、初夏の若葉、晩秋の紅葉など、四季の移り変わる様子も楽しめます。

もし、スペースが許せば広葉樹だけでなく、コニファーなどの常緑樹も植えてみることをお勧めします。
常緑樹のよさは一年中青々と葉を茂らせ、常に生き生きとした変わらぬ眺めをつくりだしてくれること、葉が落ちずに手間がかからないこと、また風よけとしても優れています。よくビル風といわれる高層建築物でまきおこる強風とまではいいませんが、低層住宅でも建物の角部分では風が強くなります。ここに高、中、低木の常緑樹などがあれば、冬場など風をやわらげる役目をしてくれますし、反対に風のとおりが悪い場所に植えて風通しをよくすることもできます。
NiwaNaviImage
投稿者:woodjoy
大切な愛車うぃ雨や雪から守ってくれるカーポート。車の劣化うぃ防ぐのはもちろんのこと、乗り降りの際の困りごとまで軽減されます。


カーポートのメリット
屋根と柱で作られているカーポート。簡易的な作りに見えますが、実は雨風や雪、落下物のほかに、直射日光からも愛車を守ってくれています。
雨や雪に濡れなければ車が劣化しにくくなります。面倒なワックスがけや洗車の頻度も減少します。雨に濡れずに乗り降りできるので、荷物の出し入れもスムーズです。洗車で落としにくい鳥の糞や、車を傷つけるヒョウも屋根でガード。直射日光が入りにくくなれば車内の暑さも軽減され、夏場でも快適に乗車できます。

さらに最近のカーポートは強度も大幅に向上しています。安定感のあるフレームで、積雪や強風に強いタイプもあります。最も強いものでは、最大200cmの積雪に耐えられるものや、風速54m相当の風に耐えられるものも。台風圧強度の目安としては、平均風速30mでトラックが横転、40mで家屋が倒壊する可能性があるとされています。
異常気象が起きやすい昨今、地域の積雪量や台風による影響を考えて、必要な強度を満たしたカーポートを選ぶことがポイントです。


NiwaNaviImage
四国化成/マイポートNext
支柱が後方にあることで、これまで支柱を気にして駐車していたストレスが無くなります。
積雪地タイプですと積雪50cmに対応。支柱のデザインはそのままで、中間柱・桁が追加され、側面・前方に柱がないメリットはそのままです。
投稿者:woodjoy
昔の家と今の家 比べてみよう

以前は、四方をブロック塀で囲まれた家が多くなりました。
最近の住宅では、開放的なフェンスが主流になっています。
がっちり囲うブロック塀


NiwaNaviImage
昔の家に多い、大人の肩の高さくらいあるブロック塀。ブロックの内部には鉄筋が入っており、風通しと装飾を兼ねた「透かしブロック」が入っている場合もあります。
 一見頑丈で家を守ってくれそうなブロック塀ですが、実は防犯上の問題がありました。高いブロック塀は中に不審者が入っても、外から見ることができません。地震や劣化により崩れることもあり、危険でした。
見通し良く開放的なフェンス


今の家は、フェンスをつけない家庭もあるほど開放的。 フェンスがある場合も、低い位置で、スリットなど見通しの良いものが主流です。中から見えやすく、外からは見えにくいスリットなら、さらに防犯性がアップ。家の向きを考慮してつければ、プライバシーも守られます。 ブロック塀は、光や風も通すフェンスへと移り変わってきたのです。
NiwaNaviImage
施工事例
NiwaNaviImage
ブロックの高さを1mに抑え、目線をさえぎる素材にアルミフェンスを選択しました。 塀の上部を軽量化することで安全性を高めます。

施工事例詳しくはこちら⇒
NiwaNaviImage
米杉(レッドシダー)をつかって高さ1.8Mの目隠しフェンスをつくりました。
デザインは「大和貼り」です。
特長はメインの立板材を表裏交互に貼りことで、通風性が良くて目隠しになることです。敷地内が見えにくい利点があり敷地境界の板塀などに最適です。

施工事例詳しくはこちら⇒
投稿者:woodjoy
15年位前でしたでしょうか、前職の頃あるオーナー様宅の引渡し前の社内検査で、初めて打ち放しコンクリート壁紙で施された壁を見ました。打ち放しコンクリートの特徴である丸いくぼみ(Pコン)がリアルで驚いた印象があります。

NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
本物のコンクリート打ち放しの壁だったらありえないようなPコンの配置が気にならなくもありませんが、クールでスタイリッシュな印象となりますね。
打ち放しの他に、コンクリートブロックを積み上げたような柄があり、センス次第で上品なお部屋に仕上げてくれます。
DIYが流行っていますが、ちょっとした気分転換で壁の一面だけでも変えてみてはいかがでしょうか。


NiwaNaviImage
投稿者:woodjoy

05/22 : 玄関タイルの汚れ

NiwaNaviImage
投稿者:woodjoy
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
投稿者:woodjoy
NiwaNaviImage
投稿者:woodjoy
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
投稿者:woodjoy
≪前のページへ || 1 | 2 || 次のページへ≫
昇順表示 | 降順表示

ホーム » スタッフブログ

ブログカレンダー
<   2021-09   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


ジェイガーデン
J-GARDEN
〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828
是非ごらんください⇒
NiwaNaviImage
是非ごらんください⇒

J-GARDEN(ジェイガーデン)
グループサイト
リフォームの事なら、株式会社リ・モデル
リフォームのことなら
株式会社リ・モデルへ
NiwaNaviImage
キッチンリフォーム→
NiwaNaviImage
ユニットバスリフォーム→
NiwaNaviImage
ブロックが気になったら⇒
NiwaNaviImage
外壁の塗り替え→
NiwaNaviImage
トイレリフォーム→